チンコが小さい、恥ずかしい悩み改善サプリ

短小のせいで風俗で惨めな思いをしました

短小のせいで風俗で惨めな思いをしました

私は昔からアソコが小さくて、小学校・中学校・高校と、アソコの話になるとなにかと私の小ささを引き合いにだされ、小さいことを弄られる経験をし続けてきました。「大人になればいつかは大きくなる!」とずっと信じていましたが、いま現在、息子をみても成長の兆しが一向に見えません。

そんな性格にもアソコにも自信のない私は、性交渉ではもっぱら風俗に頼るしかなく、週に1度は足を運ぶほど通いつめています。お姉さま達から受けていただくサービスはとてもよく、毎回満足して家に帰るのですが、何度行っても毎回頭によぎるのは「私のこんなに小さいアソコではたしてお姉さまは退屈してないだろうか…?」という思いなのです。やっぱり向こうはプロとしてやっておりますので、そこは見事な演技であたかも私のこの超短小なアソコでも大満足しているかのように感じているように見せてくれます。それを見て興奮することもありますが、その反面、「やっぱり無理をさせているんじゃないだろうか?」と、完全に割り切って考えを捨てることができていないのです。それでも「私はお金を払ってきているんだ。ここは何も考えずに楽しもう!」と自分を騙し騙し取り繕っていたのですが、つい先日、そんな私の小さな努力を無駄にするかのような出来事がおこりました。

その日指名したお姉さまは初めてのお相手でもちろんわたしの短小なアソコをみたこともなかったのですが、その方と初めて交わる際に完全にアソコが入った状態でお姉さまの放った一言が「ねぇ、早く入れて?」でした。さすがにこの言葉はショックで反射的に小さなアソコがさらにしぼんでしまい、その日はその後なにもせず終わりました。

いままで小さいことでいじられていたので何かと耐性はついていた私でも、なかなか立ち直ることができませんでした。後にも先にもこれほど「もっと大きければ!」と強く願うことはないだろうと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional