チンコが小さい、恥ずかしい悩み改善サプリ

仮性包茎と短小の因果関係

仮性包茎と短小の因果関係

生まれつき、私の物は仮性包茎に短小ときたから実に何とも言い難い。幼い頃はこれといって気にする事などなかったのだが、中学生活を送り始めると、その頃の男子の間では下ネタに興味が非常に盛んな為に、「お前、皮剥けてんのかよ?」、「勃起した最高サイズどれくらいだ?定規で測ってみろよ!」などとその手の会話は日常茶飯事であった。しまいには、お互いの物の大きさや形を競い見せ合う生徒とトイレでよく鉢合わせになってしまったことも覚えている。当時私は、自分の性器への関心が薄かった為、そんな日々の光景を静観しながらも、男にとっての思春期とは、「自らのチンコの大きさや形状に強くこだわりを持つ」そんな時期のことなのか?と少し歪んだ感情を抱いた事も一時期あったくらいなのです。

そんな自分が、自らの性器に本格的な関心を抱くようになったのは、社会人になってからである。日常のストレスや寂しさから、「AV鑑賞」が趣味となった時からだ。その映像に映っている男優達の物が「とにかくデカい」のだ。もちろん、映像には編集や加工がされている事を承知で観ているのだが、あの「大きさや長さ」と「耐久性」には驚かされた。その頃から「チンコは小さいよりは大きい方が色んな意味で有利かも」なんて思うようになったのです。

そろそろいい歳になる独身男の私は、彼女という存在がいた事がないのが、かえって幸いかもしれない。私がチンコを晒す時は、風俗遊びの時に限るが、商売としてしているプロの彼女達は、人のチンコのサイズについてどうこう言ったりしないのは当然である。

別にチンコを大きくしたいという願望もなく、モテない為に、自分が短小でもそれをどうこう気に病んだり詰ってくるような女性もいない。

それもそれで悲しいことかもしれないが、生まれつきのサイズは仕方がないので飲み薬を飲んだり手術をしてまで大きくしようとはどうしても思えないのだ。

でもただ一つ、亜鉛サプリの摂取と牡蠣を沢山食べる事でチンコがデカくなるという、どこからか聞いたデマの噂を鵜呑みにし、信じ込んでひたすら実行していた時期があった。もちろん、無駄な努力に終わるわけです。

やはりコンプレックスというのは、あくまで自分の中でのコンプレックスであって、自分のチンコが他者から必要とされまくるようなモテる人生をおくっていたら、その時に初めて具体的なコンプレックス改善の手段を取るのだと考えるのでありました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional